一人暮らしのライフハックブログ

一人暮らしに役立つ情報を発信するブログ

*

一人暮らしの大掃除でやることリスト~お部屋編~順番や必要な道具は?

一人暮らしだと年末の大掃除
一人でやらないといけないので大変ですよね。

やるぞ!と思っても
何から手を着けたら良いのかと
途方に暮れてしまったりします。

大掃除でやることリスト~お部屋編~

 

一人暮らしだと寝室やリビングを
1つの部屋が兼ねていることが多いでしょう。

一番過ごす時間が長い部屋は
特に散らかってしまいがちです。

そんな部屋の大掃除
これはやった方が良いと思う項目を
リストアップしてみました。

  • シーツやカバー、カーテンなど布類の洗濯
  • 布団に掃除機をかけて外に干す
  • 天井・照明器具の掃除
  • 不要な物の選別と必要な物の収納
  • 窓拭き
  • 家具・家電の拭き掃除
  • エアコンの掃除
  • ベランダの掃除
  • 壁掃除
  • 床掃除

出来れば1日で片付けてしまいたいですが、
一人で全部こなそうと思うと結構たいへんです。

上記のリストはあくまで部屋だけなので、
他に玄関やキッチン、お風呂にトイレもあります。

一気にやろうとせず、
計画的にこなすのが良いと思います。

大掃除の順番や必要な道具は?

 

掃除の基本の順番は「上から下、内から外」です。

上から順番に汚れを落としていき、
内側から外へホコリなどを出していくということ。

そして物が多いと掃除が大変なので、
まず1番最初にやるべきは不要品の選別です。

要らない物は捨ててしまって、
必要な物は収納して部屋に置いたままの物を
とにかく減らしていきましょう。

要らない服は切って雑巾にすることもできます。

不要な物を捨てるのも、
分別してまとめてゴミ捨て場に持って行ってと
結構手間のかかる作業ですよね。

最近は不用品を宅配便で買い取りしてくれる
業者もたくさんありますので、
捨てるのではなく売るという手もあります。

たとえば【ecofa(エコファ)】
家電やスマホ、楽器に洋服など
さまざまなジャンルのものを買い取ってくれる業者。

自宅への引取の他に着払いもOKなので、
ゴミの日を待たずに不用品を処分したい人におすすめです。

ネットオフの宅配買取サービスも有名ですね。

梱包材も用意してくれるので、
段ボールを持っていない人でも安心して売れます。

漫画やDVD、アイドルグッズなどを処分したい人には
【いーあきんど】のらくらく宅配買取もおすすめ。

ネットで24時間問い合わせを受けてくれて、
LINEでも査定してくれるので
思いついたらすぐ申し込みできます。

売れる物は売って、捨てる物は捨てて
とにかく物を減らしたら次は布団です。

布団は結構ホコリを吸い込んだりするので、
まずは布団に掃除機をかけて外に干してしまいましょう。

その次は天井の掃除です。

照明器具は外してホコリを落とします。

シェードが洗える素材だったら
水洗いしてしまうとラクです。

天井のホコリ落としには
クイックルワイパーが便利!

床掃除用の柄の長いものです。

クイックルワイパーを使って
天井全体の拭き掃除をします。

天井が終わったらエアコン!

フィルター掃除だけでなく、
エアコンの上のホコリも取り除きましょう。

それから壁。
壁も拭いてみると意外と汚れていて驚きます。

まずはハタキや掃除機でホコリを落として、
雑巾で壁を水拭き。

汚れが酷い場合には重曹を溶かした水や
洗剤を使って汚れを落とします。

壁の掃除も上から下へ向かって行いましょう。

次に家具や家電も高い位置にあるものから
順番にホコリを落として拭いていきます。

水拭きできるものは水拭き、
できないものは乾拭きで。

カーテンレールも忘れずに!

カーテンは外して洗濯しましょう。

それが終わったら床に掃除機をかけ、
フローリングの場合は拭き掃除をします。

次に窓拭きをして干していた布団を取り込み、
ベランダの掃き掃除をしましょう。

100均でも売っている
ホウキとちりとりのセットが便利です。

ベランダも終わったら
洗濯したカーテンを取り付けて終了!

カーテンは洗濯機で洗った後、
元通りカーテンレールに取り付けて乾かせばOKです。

好きな香りの柔軟剤を使うと、
掃除してキレイになった部屋に
柔軟剤の香りがほのかに漂います。

頑張れば一日で全部出来なくもないですが、
夕方にはカーテンを取り付けないと
部屋の中が丸見えになってしまうので
無理せず分けて掃除する方が良いと思います。

 - 家事