一人暮らしのライフハックブログ

一人暮らしに役立つ情報を発信するブログ

*

一人暮らしのベッドのおすすめは?サイズや収納はどうする?

 

一人暮らしを始めるにあたって、
最も重要な家具はベッドだと思います。

できればおしゃれなベッド
選びたい気持ちはよくわかりますが、
デザインだけで選ぶと後悔することになります。

私は家具を販売していた経験もあるので、
お客様から聞いた意見なども踏まえて
さまざまなベッドのメリット・デメリットを
ご紹介したいと思います。

 

ベッドのメリット・デメリット

 

ロフトベッド




メリット

  • ベッドの下の空間が利用できる。
  • しっかりした作りのものが多く丈夫。
  • スチール製で劣化しにくい。

デメリット

  • 設置すると圧迫感がある。
  • 組み立てが難しく、しっかり組み立てしないと軋みがひどい。
  • 部屋の高さによっては起床時に天井で頭を打つことも。
  • 模様替えや引っ越しは相当困難。

折り畳みベッド




メリット

  • 折り畳むと部屋を広く使える。
  • 布団を干すのにも使える。
  • 割と通気性が良い。

デメリット

  • 結局面倒臭くなって畳まなくなる。
  • 折りたたみの際に床に傷がつきやすい。
  • 普通のベッドよりは劣化が早い。

脚つきマットレスベッド




メリット

  • 比較的安い。
  • 他のベッドに比べて軽量なので模様替えなどはラク。
  • 組み立ては脚をつけるだけなのですぐ使える。

デメリット

  • マットレスがヘタったら終わり。
  • 分厚いのでシーツではなくベッドパットしか使えない。

パイプベッド(アイアンベッド)




メリット

  • 丈夫。
  • 比較的デザイン性が高い。

デメリット

  • マットレスの厚みによっては身体に当たりを感じる人もいる。
  • 寝返り時に軋み音がしやすい。

木製ベッド




メリット

  • 収納付きやコンセント付きなど選択肢が豊富。
  • 安いものでも見た目は割と良い。

デメリット

  • 湿気の多い部屋だとカビが生えることがある。
  • 組み立てにボンドを使うものもあり、引っ越しの際は苦労する。

いろいろなベッドがありますが、
それぞれにメリット・デメリットがあります。

費用をかけたくない人には脚つきマットレスベッド、
部屋を広く使いたい人にはロフトベッドが折り畳みベッド、
長く使いたい人にはパイプベッド、
見た目重視の人には木製ベッドがおすすめです。

サイズは?

 

ベッドにはいろいろなサイズがあります。

一人暮らしならシングルセミダブル
選ぶ人が多いのではないでしょうか。

メーカーによって異なりますが、
一般的にシングルだと幅90~100cm
セミダブルだと幅120cmになります。

長さは195cmが一般的です。

ダブルだと幅140cmになりますので、
ワンルームや1Kの一人暮らしで置くには
なかなか厳しいサイズだと思います。

一人暮らしでも2K以上で
寝室を別にする人ならアリだと思います。

部屋を広く使いたい人には
セミシングルという手もありますが、
セミシングルは幅80~90cmくらいなので
実際寝てみると狭いという人が多いです。

マットレスやカバーも
セミシングルはあまり売っていないので、
決しておすすめとは言えません。

後々のことを考えると
シングルサイズがおすすめです。

 

収納は?

 

ベッドには下に収納が付いているものも
結構売られています。

一見便利そうに思えるのですが、
実は意外と使い勝手が悪かったりします。

特に引き出しがついているものは、
よく見るとちゃんとした引き出しではなく
キャスターのついた箱ということもあるので
しっかり確認することが必要です。

ベッド下というのはどうしても
湿気が多い空間ですから、
ちゃんとした引き出しであっても
カビが生えるリスクはあります。

意外とホコリも多少は入るものです。

以上を踏まえた結果、
ベッドの下を収納として活用したいなら
もともと収納がついているベッドよりも
プラスチックのケースなどを
ベッドの下に並べる方がおすすめです。

 - 家具・家電